人気ブログランキング |

フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク
その他のジャンル

<   2014年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧


明日はネット党首討論(ニコニコ生放送)

明日はニコニコ生放送で各党の党首による討論があるそうだ。
ちなみに、ニコニコ会員でなくとも視聴可能なようです。



http://live.nicovideo.jp/watch/lv200730443
【衆院選2014】ネット党首討論

2014/11/29(土) 開場:19:00 開演:20:00

登壇者一覧

自由民主党 安倍晋三 総裁 (自由民主党HP→https://www.jimin.jp/
民主党 海江田万里 代表 (民主党HP→http://www.dpj.or.jp/
維新の党 江田憲司 共同代表 (維新の党HP→https://ishinnotoh.jp/
公明党 山口那津男 代表 (公明党HP→https://www.komei.or.jp/
次世代の党 平沼赳夫 党首 (次世代の党HP→http://www.jisedai.jp/
日本共産党 志位和夫 委員長 (日本共産党HP→http://www.jcp.or.jp/
生活の党 小沢一郎 代表 (生活の党HP→http://www.seikatsu1.jp/
社会民主党 吉田忠智 党首 (社民党HP→http://www5.sdp.or.jp/

司会:角谷浩一(コネクター)


※この番組はニコニコ動画の会員でない方もご覧いただけます
※モバイル、iPhone、Android等の端末では、アカウントをお持ちでない方はご視聴いただけません。



by taicyan0402e | 2014-11-28 20:45 | ブログ

近い将来の災害とその惨状

まずは二つの動画をご覧いただきたい。

https://www.youtube.com/watch?v=ysZbRAkNgY0
【現場画像あり】富士山噴火カウントダウンか 異常な兆候まとめ2014 新しい

https://www.youtube.com/watch?v=qMwx2-zaHnw
東海地震(南海トラフ巨大地震)が切迫している理由


いま僕は『立正安国論』を身をもって実体験してるような感覚を感じている。
『創価学会』の会則変更になったら噴火の自然災害が起きた。
そして先生が陣頭指揮をとらなくなったタイミングであの東北の大災害。

先生が陣頭指揮をとっていた頃には『立正安国論』には正直なところ感覚的にピンとこなかった。
が、これだけ近年は災害が頻発して、なおかつ『創価学会』が揺れてる実情を思えば『立正安国論』がまさに『正しい』と実感しながら、同時に『危惧するもの』をリアリティーに体感的に感じるようになった。

富士は噴火はいつ起こっても不思議ないと、テレビや雑誌やらで取り上げられてきてるから日本人ならみんな知ってることだろうと思う。
『富士山』といえば宗門が近い。『東海』といえば『創価学会本部』が近い。これは偶然なのだろうか?

今回の創価学会の会則改定だが。他の『意味』もあるのでは?と感じた。
簡単には宗門の『大御本尊』は受持しません、ということであるが。
それは表に現れたものであって、ひょっとしたら『大御本尊』が『消える』のを深層心理から出た改正なのではないのか、そう直感したのだ。

いくら宗門の大御本尊といえど『正しい信力』でやってない実情では『ただの板キレ』にしてるのが残念ながら実際だ。
曼荼羅としての効力を無力化してる以上、『ただの板キレ』のようにその辺に落ちてる『板キレ』でしかない。
『効力』が無いのでは富士の噴火の際、大石寺は「マグマの火山流」なり「地震などの地割れ」で大御本尊を喪失するのではないか。
それだけではなく、坊主のこれまでの悪行から『大石寺』自体が「事実上の喪失」になるのではないか。
さらに、法主などはその時に亡くなる、と宗門について直感した。

一方で「東海地震」だが。『創価が学会本部』は「東海地震」が起きれば大きく影響を受ける範囲だろう。
最悪のシナリオは東海地震と連動した富士の噴火だ。先生が生きている間は本部は致命的なほどの被害にはならないだろうが、宗門はすでに『広宣流布には役割が済んだ宗教』であるからすでに述べたような致命的被害になるかもしれない。

こういう事を書いてるのは、先生の威光が残ってるいまでさえこんな惨状であるものを、私物化しようとしている最高幹部連中が本格的に『悪事』を働けば「最悪のシナリオ」が起こってしまうのではないか。そう感じざるえないのだ。そしてそれはすでに水面下から表舞台になろうとしている。こんな流れでは『本格的悪事』になるまで『ほんの数年』であろう。

つまり、『東海大地震~富士の噴火』という大災害はこの後の『ほんの数年後』という直感をしてしまうのだ。もし先生が亡くなったなら、学会本部だって致命的だろうが、直感でしかないがその前に起こるだろう。

さて、それで結論というか、『個人レベル』のことだが。
今のタイミングでぜひ再確認をしておいた方がいい。
自分が間違いなく大聖人様や先生の意思・思いに沿っているのか。
他人の見方ではなくあくまで『自覚』のことゆえ、普段から自信を持って『自覚』できるようにしておきたいものだ。
いまのタイミングではそこまでになってないと、この『自然の大災害』の時に『命を落とす』ことになりかねない。

特に本部の方は最も『トバッチリ』に遭いやすい状況下にあるゆえ、再度の確認をお願いしたい。
それが『自分が護られる』ということに繋がるから。


by taicyan0402e | 2014-11-27 01:02 | 宿坊の掲示板の話題

愕然となった

最近のことだけど。

癌などで『死魔』と懸命に闘っておられる婦人部さんがいます。
生きるか死ぬか。そういう苦悩から人によっては諦めてしまう人だっているのに、状況からしたら明るく元気でしっかり題目が上がってるのがよくわかる。

が、地域があまり良くないのか、本人は地元組織に不信感を持っている。
真面目に信心しようとしてる状態であるのに、地元の幹部さんは指導ではなく『ただの文句』を言ってるだけの様子。こんな事ではこの婦人部さん死ぬぞ?

と、こんな感じでこの数年は特に顕著に地域によっては『事実上の血脈断絶地域』が目立ってきているのを感じていた。

上層部へモノ申したい。
本来ならば本部へ指導を受けに行った方がいい、と当たり前の事が言えない。
コトは『命』がかかっている。こんな体たらくの上層部だから『末端』ではすでに『漏れる人』が出ているのだよ。真面目に信仰したいにも関わらずだ。

アテになる状態ではないから僕の方で大聖人様のお使いとして、先生のお使いとして、基礎から丁寧に話して『血脈』をしっかり通した上で先生に元気になった姿を自分で報告できるようにするつもりだ。

『死魔』と戦ってる学会員は本部から見れば決して少なくはないはずだ。
そういう人さえも『ついてこれないのは仕方ない』と冷酷に扱うのかい?

僕はすでに「ついてこれない側」になっているが、そういう不幸は僕ひとりでたくさんだと思っているよ。『死魔』と戦ってる学会員に対し曼荼羅についてしっかりとした説明ができないままの「態度」でいったいどう戦えと指導するつもりなのだい?

法律に触れてないだけで「人殺し」を容認しているとしか思えない。


追伸:
この婦人部さんしだいもあるが、良好な状態になってるちよさんとこを紹介しようと思っている。
組織に嫌悪してる様子であるから、ちよさんのところのような温かい雰囲気は信仰の上で『善い影響』の効果があろうと感じているから。
ちなみに『人柄』はとてもいい人であるからみんなも好印象だろうと思います。


by taicyan0402e | 2014-11-25 09:41 | 宿坊の掲示板の話題

ポンコツ爺さんへ

爺さんちょっと書き過ぎたね。

最初はアメーバの『ゆうき』を疑ったが、それなら組織にまともにつけてない彼の『言動』としてかなり『不自然』であるから。『創価学会』の看板を使っても実際のところは『嫌悪』してる状態であるからね。そういう「様子」は読み取れなかったかい?
それでネット対策の南ちゃんを疑ったが、彼は僕へは『からかい』でもって『攪乱』に利用する目的であって『潰し』が目的ではなかったからね。「生かさず殺さず」というところであったから。

『宿坊の掲示板』で『書いてる人を潰し』といえば後に残るのは『ポンコツ爺さん』しかいない。
文面には明瞭に僕を潰せば登場しない、というのを書いたのが「命とり」になったね。

それでだ。
今回はブログ(アメーバではなくエキサイトブログ側)に記事を上げた上で『宿坊の掲示板』にも転載をするが、こうして書いたのは他では見ないような事を話そうと思うから。

大聖人様の仏法は人を幸せにしたいがために後世にこうして残された。
『功徳』があるもないも全ては『信じる側の心がけしだい』であるのはわかるよね?それだけ知識はあるのだから。

つまりは、幸せになれるハズのこの大聖人様の仏法は、こちらの『心がけ』しだいで逆の『罰の効果』も生じてしまうんだということ。『罰』は誰が与えるものでもない。自分で自分へ『罰を課す』ということもあるんですよ。

それはさながら『呪い』に近い。
心霊動画なんかを見ると『呪い方』を間違えるとかえって自分に返ってきてしまうそうなんだよな。
それ以前に『呪い』ということが「自分自身」で幸せになれる事か冷静なら十分に判断がつくはずですよ?
『呪い』が日蓮仏法かどうかの判断がつかないほど『逆恨み』をしてる様子を感じているよ。
具体的にどういう事があったのか詳細には知らない。が、このまま恨みの心情でいれば自分を不幸へ貶めてしまうだけだよ?
それを「心配」するゆえやや強い言い方を今までしてきた。

このまま続ければ『呪い方』が自己流の正しいわけじゃないだろうから自分で自分を『呪う』ような人生になっていってしまうよ?
すでに掲示板でも象徴されてしまってるでしょ?

爺さん自身が『やってること』が良くないこと、と認識していながら『呪う』のだから、『呪い返し』も同時に自分でやってるのも同然なんですよ。結果的には相手を呪ってるようで、実際には「自分を呪う」という状態ですよ。そもそも『呪い』は日蓮仏法でもなんでもないじゃないですか。

目を覚ましましょうよ。


by taicyan0402e | 2014-11-24 00:15 | 宿坊の掲示板の話題

噴火についで大地震

教学レポートのタイミングでは噴火が起こり、法戦のタイミングでは大地震とは。
まるで教学レポートにある上層部の腐敗ぶりに自然が怒ってるようであるね。
僕としては自然が怒ってるというより大聖人様が怒ってるかのように感じられてしまうね。

今回の地震。
立正安国論に照らして『原因』はダレなのだろうね?

と、原田会長殿へ質問したいものだね。

by taicyan0402e | 2014-11-23 11:33 | ブログ

『慢心』の怖さ

『慢心』がいけない、と学会は指導してきている。

が、その『慢心』がなぜいけないのか教義上の表面的な理屈の次元でしかわかっていない者が残念ながらいる。そして自らに『価値ある智慧』としては身に付けようとはしない。いやむしろ『乞食』のように他者を利己に合うよう変えて幸せになろうと『画策』をしようとする。

ぶっちゃけ『外道』でしかない。
それも最高幹部に至るまで。『乞食幹部』など『創価学会』には『いらない』と言いたい。
そんな状態であるから『ネット対策』やポンコツ爺さんのような『慢心』が当たり前にはびこる。
これらは『教条主義』の輩でしかない。

教義上でも『教条主義は成仏しない』という趣旨になっている。
『慢心』を自覚できず『理屈』でしか物事を知ろうとしないため『感謝』とはどんどん離れていく人生になっていく。

『仏界』とは『感謝の境涯』であるらしい。

『慢心』とは『感謝』の正反対の心の動きといっていい。
だから提婆達多のような『反逆者』となっていくのであろう。

こんなことでは『末端』にまで『血脈』がちゃんと流れず『地域差』が生じているのも無理はないと感じる。いま『創価学会』が持っているのはひとえに地区幹部の自助努力に依るところが大きい。地区幹部さんが『創価学会』を支えていると言って過言ではないからだ。

現状を大聖人様や先生が知ったなら地区幹部さんを『勝て!』と大激励をされることでしょう。

僕はいま、ある地区幹部さんへ信心の基礎の手解きをしてるところです。本来ならば組織上でなされることですが、現実がそうでないのだからしかたない。その地区幹部さんへ『血脈』が通れば、さらに部員さんへも血脈が通ることになるから先生のお使いとしてやっているところです。

『地区』が安泰なら『血脈』はちゃんと維持できます。これからさらなる『理不尽』が押し寄せることと思いますが『極悪と戦うと極善になる』との先生の言葉を贈らせて頂きたいです。



by taicyan0402e | 2014-11-13 15:07 | 宿坊の掲示板の話題

今日の意気込み!

朝の清く温かい日の光のような笑顔を!

自分から笑顔を向けよう!

笑顔に囲まれよう!

たくさんの笑顔は平和と幸福を呼ぶ!


by taicyan0402e | 2014-11-13 10:06

『踏絵』への布石が目的の「改定」?

改正の内容を読んでいる内にふと浮かんだものがある。

難しい教義には疎いゆえみんなのコメントから判断をしているけど。
今の学会は『日寛』の御本尊で信心をされてる世帯って多いのでは?と感じるのだけど。

「日寛」を本部で『否定』する、ということであれば『御本尊様』を踏絵として本部の奴隷となるかを強要する『お取替え』を行う魂胆なのか?という疑念が沸いた。会員のほとんどの『お取替え』なら決して少なくは無い「カネ」が動くことになる。今回の改正はそのための「布石」なのだろうか?とね。


by taicyan0402e | 2014-11-12 23:44 | 宿坊の掲示板の話題

会則が変更されたが

http://www.sokanet.jp/info/kaisoku01.html
会則|創価学会公式サイトより

●●●●●●●●●●
(教 義)
第2条 この会は、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、根本の法である南無妙法蓮華経を具現された三大秘法を信じ、御本尊に自行化他にわたる題目を唱え、御書根本に、各人が人間革命を成就し、日蓮大聖人の御遺命である世界広宣流布を実現することを大願とする。

(目 的)
第4条 この会は、日蓮大聖人の仏法に基づき、弘教および儀式行事を行ない、会員の信心の深化、確立をはかることにより、日蓮大聖人の仏法を世界に広宣流布し、もってそれを基調とする世界平和の実現および人類文化の向上に貢献することを目的とする。

(創価学会本部)
第5条 この会は、前条の目的を達成するため「創価学会本部」を設置し、これを東京都新宿区信濃町に置く。
●●●●●●●●●●

さて、会則はこういうタテマエであるが、これが以下の事柄と結びつかない。
教学レポートより


★Hダ会長

① 小委員会の方針は、全て先生のご指導を受けて進めている事である。きょうも、その点について先生のご指導を受けてきた。
② 宗門問題で、大御本尊を巡る問題がまだ残っている。今こそ大御本尊とも決別する。大御本尊は、学会とは関係ない存在だ。
③ 学会常住御本尊が、新しい大御本尊という意義づけをするんだ。それを総本部完成の新たな体制の出発する今、やるしかないんだ。
④ 全て先生のご意志だ。教学部は戦う覚悟がない。腹を決めなさい

教学部見解・学会常住の御本尊を根本に広宣流布を進めていくという範囲だったようです。「先生のご意向のもと、大御本尊との決別を今この時に宣言する」という、先生のご指導は、全くの作り話だったのです


★T川

「末法下種の三宝」についても、現在は、公式には仏宝が日蓮大聖人、法宝が三大秘法の大御本尊、僧宝が日興上人になっているのを変更するのかという議論になった際

谷川「それも変えればいいんだ。何の問題ない」

教学部 「それでは、歴代法主が僧宝であるという宗門に対して、僧宝は日興上人であると反論した学会の論拠が崩れてしまう」

谷川「それでもいいんだ。宗門とは別の教団なんだから」

谷川「過去との整合性など、どうでもいい。自語相違と批判されてもかまわない。完全に独立した教団として出発するんだから。結論は決まっているんだ。教義なんて、それを後付けすればいいんだ」

※はて?副会長自ら「会則」を無視して言ってしまっているように感じられてならないのだが?

★八○弁護士
『変更しても、ほとんどの会員は付いてこれるでしょう。大体は大丈夫でしょう』
『多少の退転はやむを得ない。9割は付いてこれる』


※1※ 会則の変更以前にお前らが「手本」としてまずは示すのが先ではないのか?
※2※ これらの醜態がいったい「目的」に叶っているのか?

(目 的)
第4条 この会は、日蓮大聖人の仏法に基づき、弘教および儀式行事を行ない、会員の信心の深化、確立をはかることにより、日蓮大聖人の仏法を世界に広宣流布し、もってそれを基調とする世界平和の実現および人類文化の向上に貢献することを目的とする。

※3※ また、これらの面々は本当に『信心』をやっているのか?自分でちゃんと『信心』をやってから言え!と言いたい
(教 義)
第2条 この会は、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、根本の法である南無妙法蓮華経を具現された三大秘法を信じ、御本尊に自行化他にわたる題目を唱え、御書根本に、各人が人間革命を成就し、日蓮大聖人の御遺命である世界広宣流布を実現することを大願とする。

※4※ 以下の部分も「自語相違」ではないのか?(この会は、前条の目的を達成するため「創価学会本部」を設置)

(創価学会本部)
第5条 この会は、前条の目的を達成するため「創価学会本部」を設置し

by taicyan0402e | 2014-11-12 23:33 | 宿坊の掲示板の話題

今日の意気込み!

温かい笑顔の一日を!

自分から笑顔を向けよう!

笑顔の日は福徳の日に!

笑顔の日々が福運の日々に!


by taicyan0402e | 2014-11-12 09:35