フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
最新のコメント
情報があまりにも少ないの..
by eco◆Smw69 at 17:11
近年の集中的な自然災害 ..
by taicyan0402e at 08:49
「捉え方」によってだけれ..
by eco◆Smw69 at 22:46
あ!そうだった 太ちゃん..
by eco◆Smw69 at 10:23
一口に中国で片付けると言..
by eco◆Smw69 at 11:00
あべひは寿命が来るまであ..
by taicyan0402e at 18:01
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク

カテゴリ:恋愛四季~アナザー~(小説)( 1 )


恋愛四季~アナザー~ 春①

-春-


「たいちゃ~ん!」

「まなぁ~、そんなに急がなくても大丈夫だよぉ~」

スーパーの買い物帰りの二人。太一と真菜は近所同士で昔から仲良くしている。

「たいちゃ~ん!はやくはやく~!」

「まったく真菜はせっかちだなぁ(汗)」

今日は二人とも休日。あまり外出しない太一を真菜は「荷物係」としてなかば無理やり引っ張ってきた。

「はやくっはやくっ♪」

「こんな役はカンベンして欲しい(涙)」

「はやくぅぅん♪♪」

「これだから女はこわい(汗)」


母なる海は多くの生命を育んできた。心は永遠なのか。

この物語は「心は永遠」をテーマに小説したものである。


‐フィクションであり名称など実在するものとは関係ありません‐



<テーマ・恋愛四季>


春のそよかぜ 私を包む

手を繋ぎ春の記念写真

夏は船から見える赤い地平線が好き

ずっといつまでも続くと思っていたのに

桜舞い散り 冷たい海水
枯れ葉舞い散り 凍える吐息

この海の下 私も舞い散る


秋の夕暮れ 私を包む

寄り添い 秋の記念写真

冬は静かに小さな真白舞う景色が好き

ずっといつまでも続くと思っていたのに

桜舞い散り 冷たい海水
枯れ葉舞い散り 凍える吐息

私も静かに小さく舞い散る


幸せの黄金のように輝く真紅の心

それが私の願い

桜舞い散り 冷たい海水
枯れ葉舞い散り 凍える吐息

この海の下 私も舞い散る



作詞‐太ちゃん

[PR]

by taicyan0402e | 2014-05-30 12:16 | 恋愛四季~アナザー~(小説) | Comments(0)