フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
最新のコメント
あ!そうだった 太ちゃん..
by eco◆Smw69 at 10:23
一口に中国で片付けると言..
by eco◆Smw69 at 11:00
あべひは寿命が来るまであ..
by taicyan0402e at 18:01
そっか、今はテレビがデジ..
by eco◆Smw69 at 07:47
5chですか。 最近は..
by taicyan0402e at 20:12
もっとも、上記2件の内容..
by eco◆Smw69 at 20:38
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク

西城秀樹さん死去

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000098-spnannex-ent
歌手・西城秀樹さん死去 63歳 傷だらけのローラ、ヤングマンなど大ヒット(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
5/17(木) 12:26配信
より

▼▼▼▼▼▼
 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」などのヒットで知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったことが17日に分かった。63歳だった。広島市出身。2003年と11年に脳梗塞を発症、右半身麻痺の後遺症が残っていた。4月25日に入院し、そのまま帰らぬ人となった。

 通夜は25日午後6時、告別式は26日午前11時から、いずれも青山葬儀所で営まれる。
▲▲▲▲▲▲

珍しく芸能ニュースを記事にしたけれど。
昔、新聞店にて従事していた頃に、西城秀樹さんの自宅へ新聞を配達していたことがあった。
立派な家ではあったけれど、知らない人には芸能人の家とはたぶん気づかないかな。
表札にはちゃんと「木本龍雄」とあったけど、そういう視野を巡らして表札を見ないことには気づかれないだろうなぁ。
あれだけの超有名人の家にしてはむしろ質素な外観・土地柄だったけど。
超有名人ともあって、都会の雑多なところから離れての家にしたかったんかなって。
単なる偶然だろうけど、道路を挟んだ向かいはカラオケ店というのが僕にはウケたなぁ。
単なる偶然のもうひとつ、松本伊予の実家とは自転車で行けるような距離で、自転車で10分もかからないね(当人らは知ってるか疑問だけど)。


▼▼▼▼▼▼
 03年に韓国でのディナーショーの後、脳梗塞を発症。言葉をうまく発音できないなどの障害に見舞われながらリハビリで復帰し
▲▲▲▲▲▲

僕が配達してたのは、脳梗塞の発症の前後あたり。
まぁ集金は所長の奥さんがミーハー魂(?)からやってたけど。


昭和を代表する芸能人のひとりがまた死去。
やっぱり秋の風のような寂しいものを感じる。

[PR]

by taicyan0402e | 2018-05-17 13:06 | ブログ | Comments(1)
Commented by miu at 2018-05-17 13:58 x
秀樹いなくなったの

うゎ~ん、ショック
<< キリスト教ねぇ 冬ソナ挿入歌の「MY MEMO... >>