フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
最新のコメント
あ!そうだった 太ちゃん..
by eco◆Smw69 at 10:23
一口に中国で片付けると言..
by eco◆Smw69 at 11:00
あべひは寿命が来るまであ..
by taicyan0402e at 18:01
そっか、今はテレビがデジ..
by eco◆Smw69 at 07:47
5chですか。 最近は..
by taicyan0402e at 20:12
もっとも、上記2件の内容..
by eco◆Smw69 at 20:38
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク

(旧)創価学会員による創価ダメ出しブログさんへ

話の流れがつかめずにいたけどf^^;
コメント投稿が不能のため記事にて失礼します。
パソコン側の設定がたぶん原因かと感じるけど。


早速本題に入ります。

学会の大御本尊問題からすれば、管理人さんのこれまでの経緯からして「日蓮正宗創価学会」の当時の信仰が正しかった、という判断・結論になるのも自然な流れに感じますね。
御本尊がどれだけ重要なのか身に染みて実感してるからこそのこれまでの記事と感じております。

信仰対象を信じてちゃんと功徳の現象があるなら、その本尊は信じる側には用が足りてることになり、本尊として適切なものといえます。

僕個人が感じてることは、学会の公式発表してる「信受しない」という表現ではなくて、もっと一般でも意味がわかりやすいぐらいの、普通の話し言葉とかラフな伝え方のほうが適切だったんじゃないかと感じますね。

「大御本尊様自体は祈り方しだいでちゃんと功徳はあるものの、現在は日蓮正宗と和合ではなくなってるため、ご家庭や会館などに御安置されてる御本尊に向かい勤行・唱題を行うこととします」

一例で述べてみましたが、単に「謗法の地にあるから」というだけでは大御本尊に祈っても功徳がないかのような錯覚を覚えるものでしょう。
本部発表としては説明不足も甚だしいといわざるえません。

管理人さんはその本部発表に大いなる疑問を感じ、地元組織の幹部に疑問をぶつけたところ、その幹部は疑問に答えることができない経緯が過去ログにありましたね。
学会本部発表が説明不足ではむしろ地元幹部は答えられなくて当然です。

そこまではありがちでしょうけど。

あろうことか、地元幹部は答えられないだけでなく、管理人さんを村八分にしたあげく、デマを流し落とし込め、管理人さんの関知してないところで地元幹部は退会扱いにしていた経緯も過去ログにありましたね。
僕はちゃんとその記事を読んでいます。

管理人さんの経緯についての記事文面を素直によめば、地元組織幹部の悪行であるのが明らかでしょう。

ところで、管理人さんのこれまでの態度から感心してるところがあります。
これだけ非道な仕打ちを受けてるにもかかわらず、『利他目的』が一貫したテーマの態度だからです。
単に傷の舐めあいをしてるわけではない。

利己目的に他人を私物化しようとしてるだけか利他目的か。
読む人が読めばわかるものです。

あと、大切な部分と感じるのでもうひとつ。
http://sokadamedasi.blog27.fc2.com/blog-entry-436.html
「2年前の体験談」
より

▼▼▼▼▼▼
ほんとうに「いざ」という時には
題目と御書の二本立て、で行くべきである。
創価の幹部や大作センセの指導はどんなに素晴らしいもであったとしても
所詮は人師の論から出ないのである。
大御本尊を信じていながら思い寄らぬ病気や不幸に遭遇するのは
それは業病であるのだからご本仏以外に根本的に治せない。
(医療で治らないという意味ではないので誤解しないように)
業病の前で人師の指導はむしろ不要である。
ましてやご本仏を捨てた創価の連中の言葉など百害あって一利なし。だ。』
▲▲▲▲▲▲

管理人さんの状況からして適切・最善な信心スタイルと判断します。
宗教の価値・正しさは功徳があるかどうか、です。
管理人さんにとってこの信仰スタイルはちゃんと功徳の現象があるはずです。
特殊な状況では本質部分に沿って「応用」する必要がありますが、ポイントはちゃんと押さえてありますね。
もっとも閲覧してる学会員さんには言いたいことがあるでしょうけど、他の人ではなく、管理人さんに功徳の現象のあるものが管理人さんにとって正しいものになります。

最後に。
僕ぐらいしかいわないだろうから言うことだけど。
いつも学会員さん及び一切衆生の幸福のための温かい記事をありがとう!
僕にはよくわかりますよ(^^)

管理人さんは一生で信仰を保っていけるだろうことが経験的にわかるから心配してないんですよ。


[PR]

by taicyan0402e | 2017-08-28 21:43 | 『ブログ村』の様子について | Comments(0)
<< そこまで拘る意味がわからない ランさんへ >>