フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
最新のコメント
情報があまりにも少ないの..
by eco◆Smw69 at 17:11
近年の集中的な自然災害 ..
by taicyan0402e at 08:49
「捉え方」によってだけれ..
by eco◆Smw69 at 22:46
あ!そうだった 太ちゃん..
by eco◆Smw69 at 10:23
一口に中国で片付けると言..
by eco◆Smw69 at 11:00
あべひは寿命が来るまであ..
by taicyan0402e at 18:01
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク

河合師範の指導をちゃんと読みましょうよ

河合師範は「リレー唱題」という『形』をダメと言ってるんじゃないんですよ。
「唱題」の意味と意義から述べているんです。
ぶっちゃけていえば功徳に結びつくための行為が唱題の目的であって、唱題を行うスタイルを言ってるんじゃないんです。

功徳に結びついてない唱題をダメと言ってるのであって、そのスタイルのひとつに「リレー唱題」をあげてるのです。

http://nitiren21.blog.shinobi.jp/%E8%B3%87%E6%96%99/%E6%B2%B3%E5%90%88%E5%B8%AB%E7%AF%84%E3%81%AE%E6%8C%87%E5%B0%8E%20%E3%80%80%E5%B9%B3%E6%88%9010%E5%B9%B46%E6%9C%882%E6%97%A5%E5%AF%9D%E5%B1%8B%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%8C%96%E4%BC%9A%E9%A4%A8

【河合師範の指導  平成10年6月2日寝屋川文化会館|21世紀の日蓮仏法】さんより引用
(21世紀の日蓮仏法さん、素晴らしい記事をありがとうございます)

指導全体のうち、中心となってるのはこの部分です
▼▼▼▼▼▼
信仰というのは、行動の因果ではない。ただ頑張ればいいのではなく、一念の因果、どういう一念で頑張るか、
その一念に功徳がある。
▲▲▲▲▲▲

そして、そのための方便としてが以下です
▼▼▼▼▼▼
「頑張ります!」「頑張りましよう!」「でも変わりません!」だから、信仰は頑張るためにやるのではない。

変わるためにやるもの。何が変わるのか?生活が変わり、生命が変わり、環境が変わる。変わるための信仰。
頑張ってれば変わるのではない。変わるために頑張るべきなんです。「頑張ります!」ではつまらない。
「変わりましょう!」
「変わります!」「変わりました!」これを『信心の三段活用』と言う

▲▲▲▲▲▲

唱題でもって一念が向上し境涯が上がってる状態のまま行動すれば、普段の自分自身の「普通」の時とは周囲に与える「縁」も変化してるのですから、自分をとりまく周囲の「果」も変わるのも当たり前のことなんです。
(大聖人様の「竜の口の法難」のような「科学的な理」に合わぬ理解不能な顕益すらも起こることすらあるけど)

▼▼▼▼▼▼
功徳の出るのは当たり前。出ないのがおかしい。これを『信心の正常化』という。祈りは叶う。
祈ってないから叶わないだけ。
▲▲▲▲▲▲

ということなんです。
早い話が、功徳の唱題が成立してないまま「唱題」をやったところで「苦行」でしかないのですよ。

ちよさんはもうけっこうな期間で「同盟題目」をやってきてる。
いや、ちよさんは「同盟題目」という「スタイル」をやってきただけです。
肝心な

【「頑張ります!」ではつまらない。「変わりましょう!」 「変わります!」「変わりました!」これを『信心の三段活用』と言う】

という実践がどういうものか知らずにいるからこんなことになってるんじゃないのかい?
さらにはちよさんは以下のまんまなんじゃないのかい?

▼▼▼▼▼▼
婦人部が祈っているのは成果だけ。変わろうと思っていない。
だから、功徳が出ないから行き詰まってしまう。変わろうと決めて、祈って動けば結果がでる。信心は簡単です。
▲▲▲▲▲▲

これだけの期間で同盟題目をやってきて「悪く」なってるんでは「功徳とは関係のない同盟題目」になってしまってるの明らかでしょ。
ちよさん自身が功徳の信仰を知らないものを、他の人に「功徳の題目」を伝えられないでしょ。

どうやらハピネスくんは「いい唱題」ができた様子。
これでさらに「功徳の唱題」を自分自身で実感した上で、ちよさんを先導したらいいと思う。

御本尊の功徳は大きいものです。
ハピネスくんはどうやら功徳の唱題になりつつあるようだし、さらに「御本尊の功徳」を引き出せる唱題ができるようになれば、今でもハピネスくんが望んでるのであればちよさんと結婚とかも十分に可能な範囲だよ。
というより、ハピネスくんぐらいしか先導していけないようだもんな。


追記:
ひとつ紹介しようと思う。
アメーバのものだから見たことあるかもだけど。

http://group.ameba.jp/thread/detail/rwuiVKMe4-KH/2b4bc6d8-5dfd-4baf-ac19-d56e07433d37/
南無妙法蓮華経パート9

僕はこれを『ネット題目羅列教』と揶揄してるけどね。
これをやってるのは学会員だぞ?f^^;
呆れてものがいえないけど。
たぶんみんなそうだろうけど。
ちなみに題目羅列は数年に渡って行われてきてるよ。

この人はネットに向かって題目羅列してるのに対し、ちよさんは御本尊に向かって題目羅列してるという違いがあるだけなんですよ。
それが「祈り」のないただの題目羅列ということ。

「題目」がどのように正しいのか、それを『実感』してないまま。
何年やってもなんの意味もないのわかるでしょうか。
むしろ悪くなるだけですよ。

[PR]

by taicyan0402e | 2017-01-30 17:09 | 『ブログ村』の様子について | Comments(2)
Commented by taicyan0402e at 2017-01-30 21:31
http://megalodon.jp/2017-0130-2121-56/tomotiyoo.exblog.jp/27491192/

なんだこの上記の記事のコメント欄は。
別に福島の壮年さんの肩を持つ気なんてサラサラないけどね。

「リレー唱題」と福島の壮年さんの「状況」をみれば『優先すべきこと』なんて考える間でもないことだろが。

「リレー唱題」がちよさんには単なる遊び相手集めでしかない有様がこういうところに出てるじゃないかまったく。

あまりに身勝手すぎてるちよさんですね。
Commented by taicyan0402e at 2017-01-30 21:37
●あまりに酷いやりとりです

Commented by 福島の壮年 at 2017-01-30 11:59

大変に申し訳ない。
お約束の29日(日)午後4時~5時の唱題できませんでした。
急な来訪者があり、極めて重要なことを話していました。

二十数年前に脱会した親戚が、自分の親の葬儀にまつわる
寺や法華講幹部の対応に疑問を持っていたところ、
同時期に脱会していた姉(訳あって家族が離散、天涯孤独で某県に
居住)が、地元の学会員さんの勧めで、昨年の任用試験を会友と
して受験し合格。親身になって相談に乗ってくれている学会員さんを
信頼し、昨年中に脱講して入会したとのという話を聞いたと。
自分を脱会させた法華講幹部の人柄が不快に思っていたところ、
その姉の話を聞き、納得できることが多かったと。

福島の壮年しか全ての事情を理解し、相談できる者がいないので、
是非、話を聞いてほしいということでした。
詳細は話せませんが、大きな転換期に差し掛かっています。

Commented by tomotiyoo at 2017-01-30 15:32

福嶋の壮年さん
大げさだと思うかもしれないけど 3.16の 戸田先生の気持ちと 私は 一緒だよ
極めて重要かどうかは知らないけど メール一本 できなかったのかな~?

時間ををずらすことはできなかったのかな
どんだけ 重要な事かは知らないけど みんなとの約束をどう思っているのかな?
たかがネット リアルが大事 そう思っているのか知らないけど
私にとっては リアルも ネットも 一緒なんだよ
お題目をあげるって事は それだけ真剣なんだよ

信用を なくしたね
でも 失敗から生まれることもある
同じ過ちは 2度と しないでほしい
以上

Commented by tomotiyoo at 2017-01-30 15:34

「福島の壮年しか全ての事情を理解し、相談できる者がいないので」
これが言いたかったのかな?
ちょっと意地悪で ごめんね
<< 本末転倒してるリレー唱題 「ちよ」さんの横暴ぶりを晒します >>