フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
最新のコメント
あ!そうだった 太ちゃん..
by eco◆Smw69 at 10:23
一口に中国で片付けると言..
by eco◆Smw69 at 11:00
あべひは寿命が来るまであ..
by taicyan0402e at 18:01
そっか、今はテレビがデジ..
by eco◆Smw69 at 07:47
5chですか。 最近は..
by taicyan0402e at 20:12
もっとも、上記2件の内容..
by eco◆Smw69 at 20:38
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク

リレー唱題会も割り当てでやっていますが、あの功徳はどこへ行くんでしょうか?

記事タイトルは河合師範の有名な指導からです。

リレー唱題に関連した部分を出しましょう。
指導の最初に明確にあります。

『河合師範の指導  平成10年6月2日寝屋川文化会館』より

▼▼▼▼▼▼
今日は難しい話ではなく、功徳を受けない信心のコツの話をしに来た。

この間、悲惨な話を間いた。ある婦人部が家庭の問題で悩んで1000万遍をあげたが、解決しなかったので落ち込んで寝込んだというのです。先輩が心配していって見たら、「こんなに拝んでも良くならない。御本尊の馬鹿!」と拝んでいたそうです。形は信心強盛でも心が不信だから解決しなかった。

「あなたは不信ですよ。」

「いや、私は信心強盛です。」「でも不信じゃない」「じゃあどうすればいいの?」「いつまでにどう解決したいですか?そう決めて祈ってご覧なさい。」と言われて、そう決めて祈ったら2週間で解決したそうです。

唱題ではなく祈りが大事。婦人部はよく唱題されます。立派です。唱題会も良いが、自分と御本尊は1対1だから、きちんと祈れば叶う。唱題のための唱題では何も叶わない。10時間唱題会なんてやらないほうがいい。あれは拷問の一種だから。

個人がやるのは何時間やっても良い。自分が決意して祈るのは良いが、みんなを縛っちゃいけない。これは先生の指導。リレー唱題会も割り当てでやっていますが、あの功徳はどこへ行くんでしょうか?また、100万遍あげて落ち込んでる人が婦人部にはよくいます。

信仰とは祈ること。頑張るための信仰をしてはいけない。婦人部は頑張っています。立派です。でも全然変わっていない。これからは「頑張ります!」と言ってやるのはやめましょう。

「頑張ります!」「頑張りましよう!」「でも変わりません!」
だから、信仰は頑張るためにやるのではない。

変わるためにやるもの。何が変わるのか?生活が変わり、生命が変わり、環境が変わる。変わるための信仰。
頑張ってれば変わるのではない。変わるために頑張るべきなんです。「頑張ります!」ではつまらない。

「変わりましょう!」「変わります!」「変わりました!」
これを『信心の三段活用』と言う。こう言っても、皆さんは帰りに「頑張ります!」と言って帰るでしょう。なかなか身についた習性は抜けない。

信仰というのは、行動の因果ではない。ただ頑張ればいいのではなく、一念の因果、どういう一念で頑張るか、その一念に功徳がある。
頑張っても結果のでないのは一念が間違っているから。行為は正しい。
一念が間違っていれば空回りになったり、功徳がなかったり、マイナスになることもあり得る。
▲▲▲▲▲▲

という河合師範の指導です。

さて、翻って「ちよ」さんのやってることというのは?

http://megalodon.jp/2017-0127-2122-28/tomotiyoo.exblog.jp/27474551/
(cache) リレー唱題します : 真実を語る

http://megalodon.jp/2017-0127-2123-48/tomotiyoo.exblog.jp/27478998/
(cache) 今のところ(随時追記) : 真実を語る


いかがでしょうか。
河合師範は『今日は難しい話ではなく、功徳を受けない信心のコツの話をしに来た。』ということで話が始まってます。

いうまでもなく、このちよさんのやろうとしてる行為は『功徳を受けない信心』のまんまです。
ちよさん個人のことならば「自己責任」というものだけど。

『「変わりましょう!」「変わります!」「変わりました!」』というためのものでもないならば『みんなを縛っちゃいけない。これは先生の指導。』に明瞭に反するものです。
それともちよさんは河合師範や池田先生よりも遥かに理解してる!とでも言いたいのでしょうか。

それなら立派に『増上慢』というものでしょうね。
もはや日蓮仏法ですらない「ちよ宗」の教祖さまです。

「今のところ」の記事にリレーの参加者が書かれている。
どういう心境でそれぞれの「人間」のハンネを書いたのでしょうか。

まさか「自分を飾るアクセサリー」という感覚じゃないでしょうね?
そういうのっていうのは「ニコニコ生放送」なんかの『囲い』というやつでしかないものです。

検索したらわかりやすいものがありましたので紹介させて頂きます。
https://kw-note.com/internet-slang/kakoichu/
ニコニコ生放送で使われる用語「囲い厨(囲い)」の意味は? - キーワードノート

ただ、ニコニコ生放送と違うのは「信心」ということでこうして僕などが記事にしています。
当然ながら、嫉妬などから言ってるわけではありません。
(ちよさんの望んでることはブログより「ニコニコ生放送」のほうが合ってるように個人的には感じるのだけどね。やるならBANにならないようご注意を。)

[PR]

by taicyan0402e | 2017-01-27 22:17 | 『ブログ村』の様子について | Comments(1)
Commented by taicyan0402e at 2017-01-28 18:49
ただいま記事文面を作成中です。

記事二つ目を作成中で、二つともアップ予定です。
<< ハピネスくんの言う「魔」の正体 固定電話、ネット回線に移行 2... >>