フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
最新のコメント
あ!そうだった 太ちゃん..
by eco◆Smw69 at 10:23
一口に中国で片付けると言..
by eco◆Smw69 at 11:00
あべひは寿命が来るまであ..
by taicyan0402e at 18:01
そっか、今はテレビがデジ..
by eco◆Smw69 at 07:47
5chですか。 最近は..
by taicyan0402e at 20:12
もっとも、上記2件の内容..
by eco◆Smw69 at 20:38
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク

固定電話、ネット回線に移行 25年ごろ、総務省方針

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000095-asahi-bus_all
固定電話、ネット回線に移行 25年ごろ、総務省方針 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
朝日新聞デジタル 1/24(火) 18:04配信

▼▼▼▼▼▼
 総務省の有識者会議は24日、固定電話の通信網を2025年ごろ、インターネット技術を使った回線に置き換える方針を決めた。携帯電話の普及で利用者が減り、老朽化した交換機の維持が難しくなっているためだ。自宅と交換機の間は従来の回線を使うため、今の電話機はそのまま使える。

 長距離の通信は金属の電話線を使った従来の回線をやめ、ネットと同じ光回線に置き換える。固定電話事業者間の競争を促すため、携帯電話と同様、ほかの会社に乗り換えても番号を変えずに済む「番号ポータビリティー」の仕組みも導入する。

 ネット回線移行後の固定電話料金について、NTTの鵜浦博夫社長は12月、朝日新聞の取材に「距離別の考え方はなくす」と述べ、長距離通話も現在の市内通話以下の料金にする考えを示している。(藤崎麻里)
▲▲▲▲▲▲

電話のニュースは活動家さんに関係すると感じ出してみたしだいです。
固定電話より携帯でのやりとりが多いでしょうけど。

話はぜんぜん違うけど。
昔、バブルの崩壊するほんの直前の時期に、NTTの基盤制御のチップ部分のプログラムなどをやっていたソフト会社に入社したことがあったけど。
富士通などの大手より仕事をもらってやっていた下請けに属するでしょうか。

単純なプログラムでも、とんでもない金額の仕事なんですね。
回線が切れてたりの検知する程度のものでも、4桁の金額(もちろん千円じゃないですよ笑)の仕事で引き受けてたんですね。

そして、入社してたった半年でバブル崩壊となり、大手は外に仕事を出さず、自社で作るようになったのですね。
当然、仕事は激減しリストラとなったけど。

いま一番に願ってること。
新しいバブルの世の中を願ってるんです。

あの時代は、日本はちょうど「人界」を象徴してる雰囲気でした。
中流家庭、普通、常識、などなど。

それより前は「高度成長期」で、世の中の明るさや活気もありましたね。
いろんな分野が大成長していた時期でもあった。
特に電化製品なんかは「作れば売れる」ような時代。

夜のゴールデンタイムというのでしょうか。
あちこちの電化製品メーカーの大手のCMが流れたものです。
今でも当時のCMの曲を聞くと「なつかしい!」という楽しい気分になってしまうものです。

かつてそういう大手企業であったところでさえ、今はかなり厳しくなってしまっている。
「新しいバブルの世の中」といっても、オカネだけの話で成就できるものではないでしょう。
一部の人ばかりが儲かるようなことをやってしまえば社会が疲弊して当然です。
全体的には多くが苦しい世の中では、かえって社会が繁栄しにくくなるものでしょう。
「底上げ」が大切と思います。

「底上げ」には「信心からの功徳の世の中」が最善でしょう。
不幸な人が1人でも減れば、それだけ社会の活気へ転換されます。
ましてたくさんならば「新しいバブル」もありえることです。

[PR]

by taicyan0402e | 2017-01-24 20:29 | 政治 | Comments(0)
<< リレー唱題会も割り当てでやって... 全く違う形態の広宣流布 >>