フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
最新のコメント
あ!そうだった 太ちゃん..
by eco◆Smw69 at 10:23
一口に中国で片付けると言..
by eco◆Smw69 at 11:00
あべひは寿命が来るまであ..
by taicyan0402e at 18:01
そっか、今はテレビがデジ..
by eco◆Smw69 at 07:47
5chですか。 最近は..
by taicyan0402e at 20:12
もっとも、上記2件の内容..
by eco◆Smw69 at 20:38
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク

こういう記事を「人を馬鹿にしてる」というんじゃないのか?

(2016/10/2・21時55分追記:
誰か昼間に魚拓したみたいね【http://archive.is/ZBR8h
ちよさんの典型的な「陥れ」の文面ですねこれ。
今じゃすっかり「デマを語る」というブログとはまったく)


http://archive.is/6zRYz
たえちよから来た脅迫メッセージ 検証 (後日削除予定) : 真実を語る
の魚拓

いまのちよさんではドコまでが事実か申し訳ないが信憑性がかなり低いといわざるえない。
さらには、最近のちよさんのこういう印象操作目的の記事は「デタラメ」ばかりだから。

念仏の極楽寺良観のような行状が最近であるし、他の明るめの記事が本心であれば、こんな中途半端な言い方ではなく「正義の怒り」になるんじゃないのか?
それなら事実と感じたかもしれない。

そこまでになっていない中途半端な表現というのは、自らを正しく見せながら相手を陥れる手法によくある「慢心」そのものの典型的文面。
印象操作で陥れようとした事実も過去にあるものね。
検索すればいったいどれだけあることか。
今じゃちよさんはあべひと「いい勝負」してるよ(笑)。
まさに「ミイラ取りがミイラ」じゃないかまったく。

結論。
この記事からは、ちよさんではなくて相手が正しいことが読み取れるもの。
ちよさんは「相対的な正しさ」にするべく、都合のいい部分のみの継ぎ接ぎという「事実上のデタラメ」という手法でもって「相手を貶める目的」と読めるもの。

全く同じ手法を行っていた自称ノンフィクション作家の「徳地さちか」こと「倉知あけみ」さんと手口が一緒(笑)。
わかりやすいねまったくf--;

僕はアメーバでもアカウントを持ってる。
ブログはアメーバが初めてだったけど。
キッカケは、亡くなった元芸能人の飯島愛さんのブログにてコメントしていたことの流れから。

あまりテレビは見ないのだけど、たまたま金スマの飯島愛さんの引退番組(?)は見ていた。
まぁ別にファンというわけでもなかったのだけど、妙に「引っかかる」ような番組内容だったでしょ?

引退から半年ほど経ってから、その番組をふいに思い出し「あれってなんだったんだろう?」というぐらいだったのだけど検索したらブログがあったんで、そこからの接点。
コメントする人というのは、ファンかアンチになるんよね、やっぱ。
好きか嫌いかのいずれかで関心ある人が自然になるから、連日でコメント欄はバトル状態だったね。

そんな感じだったのだけど。
あまり報道もされてないけど、実はその愛さんのブログは、愛さんの亡くなる半年ほど前よりコメント欄が大炎上していたんですよね。
よく見かけるような荒らしとはぜんぜん別次元。

が、荒らしクンの非難対象のターゲットはブログ主の愛さんではないんですねこれが。
愛さんへのものもたまにあったけど「徳地さちか」宛のものと読めるものばかり。
少ない日で50コメント程度という状態だからね。
よくまぁほとんど報道されなかったものだと不思議だったけど。

「荒らしクン」とは、愛さんの「元友人」の徳地さちかのトラブル相手。
ちよさんみたく、あまりに性根がよくないものだから、「荒らしクン」とは徹底的に拗れ、『元友人』で有名人でもある愛さんのブログを利用して、徳地さちかを潰そうとしたんですね。
ハタ目には愛さんは「トバッチリ」だけど。

今にして思うと「そうじゃなかったんだな」っていうのがよくわかる。
それというのも、荒らしクンのコメントには、けっこうな数で卑猥なものもあったからね。
男性でも普通は削除するようなもの。
とはいっても、今では愛さんのブログがないゆえごく軽く話すと。
ドコの世界に女性用オナニー機具の名称での罵倒コメントを削除しないことがあろうか。
たとえ誰宛のものであろうと、まして『有名人』の自覚を持つ女性が、そういうコメントですらほぼ放置していたからね。
通常ありえないね。いくら愛さんの経歴でも。
明るく軽い内容程度ならありえるのかもだけど、卑猥な罵倒と変わらないものであったからね。

そうした愛さんの「不自然さ」から見えてくるもの。
愛さんはむしろ「荒らしクン」を逆利用し、「徳地さちか」へ『仕返し』をしていた、というのが自然に感じるのだよね。

そんなコトになってる原因は、僕が確認した範囲の「徳地さちか」の言動は、先に話したように『意図に都合のいい情報部分だけ継ぎ接ぎ利用した、事実上のデタラメ』というものを僕へ行っていたからね。
同様なコトを愛さんへもやっていたとしたら?
というより、今にして思えば愛さんの知名度を利用して己を売っていた様子であるし(電話の内容も)。
そりゃ~愛さんだって「いい迷惑」だろうよ。

今にして思えば、徳地さちかの行状と言動から判断するに。
電話では、愛さんについて当時に噂になっていた「コンクリート」について軽く話していたけど、少なくとも徳地さちかは「何も知らない」のがおそらく事実。
「知らない」から「知ってるフリ」でもって己のファンへとして僕を『利用』する魂胆だったのだろうと。
その「ファン」へは『絆』という、問答無用の信仰状態へ仕向けていたね。
話題が乏しくなるとファンの中よりターゲットを選んで「潰すイベント」を行ってたご様子。
相対的に「自分が正しい」というのも同時にアピール、とね。
(悪いけどちよブログにかなり近い状態)

と、話そうと思えば尽きないけどね。
とりあえず今は徳地さちかは「どうでもいい存在」ゆえ。

愛さんの「荒らしクン」のコメントの積極的放置(というより積極的掲載)の、そういうコメント内容からは、徳地さちかへの「恨み」に近いようにしか感じられない。
相当に恨んでいた心境が読めるというもの。

そういう「人でなし」の言動と行為を責める記事をあげたら、徳地さちかはアッサリとアメーバを自主退会した。
ハッキリいうけど『性悪女』もいいところ。
他にも挙げればキリがないけど。

・・・と、文面を書きながらちよさんもけっこう似た行為をいまやってるな~と感じてしまったというか。

http://ameblo.jp/taicyan0402/entry-10133632200.html
【因果】

このアメーバ記事の状況からちよさん宛てのものではないのはハッキリわかるだろうけど、ちよさんにも言いたい部分ばかりなんだけどね。

長くなったけど。
ちよさんが今回のような行為ができるのも、普段の明るめの記事は「タテマエ」でしかなかったんだなっていう事実が浮かぶんよね。

そりゃ~ピュアなイクゾーさん怒るってのさ。
こんな感じで、ちよさんと離れる人っていうのは「違和感」を感じるからでしょうねぇ。
ちよさんは念仏の信仰者と変わらん行状と言動だもの。
それは同時に「念仏」がどういうもので、どういう害毒があるのかまるで押さえてないことになるね。
知ってればやらんでしょ。
大聖人様からしたら『仏敵』であろうから。

学会員さんで良観を本尊(最優先に信じるもの)にしたいような変わり者って、真面目なら違和感あるでしょやっぱ。

ちよさん「背伸び」のしすぎ。
徳地さちかはどうしようもない性悪女だけど、ちよさんの場合は「背伸びのしすぎ」が明らかだよ。
素のちよさんって別に醜いわけでもないだろうに。
そもそも誰も素のちよさんは醜いとは思ってないだろうに。
そう感じるけどね。

自分で醜いと思ってることでこのように醜くい態度をすることになってるのだろうけどね。
それは究極的には、醜い一念でお題目してる自覚からこうなってるんでないのかい?
いずれにせよ、今は「下積み」の時期みたいで聞く耳は持てないのかな。

昔はよく言われたものだけど。
初めて水道を出すと、しばらく汚れた水が出るけど、そのうち綺麗になるってね。
最近はぜんぜん聞かなくなったけど。

今は「汚れた水」をまとめて出してるようなもんだね、ちょうど。
真面目な心境だから「汚れた水がまとめて出る」ということになってるのだろうね。
そうでなきゃ「変わりたいところ」がわかりにくいからそういう現象がむしろ普通にあることだけど。

繰り返すけど『人界』が象徴するいろんな意味の『素直』が修羅を卒業するキーになるんだけど。

[PR]

by taicyan0402e | 2016-10-02 02:27 | 『ブログ村』の様子について | Comments(1)
Commented by taicyan0402e at 2016-10-02 04:47
鳴かぬなら殺してしまえ、ホトトギスってか

ちよさんのやってることってそういうことだもの
折伏ではなく「他人の私物化」をしようとしてトラブってるものばかりだものね
<< 自称ノンフィクション作家の「徳... 立正安国論の指導原理について ~1~ >>