フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
最新のコメント
情報があまりにも少ないの..
by eco◆Smw69 at 17:11
近年の集中的な自然災害 ..
by taicyan0402e at 08:49
「捉え方」によってだけれ..
by eco◆Smw69 at 22:46
あ!そうだった 太ちゃん..
by eco◆Smw69 at 10:23
一口に中国で片付けると言..
by eco◆Smw69 at 11:00
あべひは寿命が来るまであ..
by taicyan0402e at 18:01
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク

8/20横浜の集会の内容(体験談)~3~

http://taicyan42e.exblog.jp/23460129/
8/20横浜の集会の内容(体験談)
続き
(一部伏字にした部分があります)

「元創価学会職員3名のブログ」のひとりである滝川清志さんの体験談です。
http://6027.teacup.com/situation/bbs/55160
〔2016秋、出版〕
ある出版社から本を出版することが決定した。
私達は元々、自費出版をするつもりで準備していたが、途中で断念した。
しかし、皆様から激励や祈りを頂き、今回の出版が決まった。
2016年秋の刊行で作成している。
元職員3名が学会本部を見聞きしたありのままを書く。
全創価学会員に知ってほしい。
対話の創価に変えていきたい。

〔公明党と創価学会〕
公明党が与党になって14年。
自民党との利害関係により、与党から離れられなくなった。
監視は創価学会の役割だ。
2013年の解釈改憲で、「憲法9条を擁護する」と創価学会は発表。
しかし、公明党が与党に残ることを選んだ。
創価学会が今の日本の危機的状況を作った。
3代会長ではなく、目先だけ。
本部で体験したことと同じ。

〔聖教新聞社社員による横領&パワハラ〕
2007年、聖教新聞社社員の金銭横領とパワハラがあったと、同僚から聞いた。
聖教新聞社社員のA氏は、金銭横領とパワハラをしたため、信濃町の本社から、神奈川支局に飛ばされたという話だった。
このA氏の自宅は、私(滝川さん)の目の前だった。
これは配置転換だけで済ませる問題ではないと思った。

〔杉○○総神奈川主事いわく〕
2010年、上司であり、当時は総神奈川の幹部だった、杉○主事(元全国男子部長)に、
「A氏が、潮プロジェクトのお金を使い込んだというのは本当か?」
と聞いたら、杉○主事は、
「いや、それは第三文明だ。しかし君には関係ない」
と言った。

〔A氏を処分しないワケ〕
A氏は金銭問題を起こしたのに、厳格な処分がなされなかったのは、A氏は最高幹部に関する危険な情報を持っており、A氏が学会に反逆したらそれをバラされる可能性があるから。
仏法の眼で見れば、問題は雪だるまになる。

http://6027.teacup.com/situation/bbs/55161
〔聖教新聞の減部拒否〕
2011年、このA氏が支部長になった。
A氏の支部に所属する婦人部が、経済的理由から、それまで2部取っていた聖教新聞を1部に減らしたいと言ったところ、A氏はそれを拒否した。
さらにA氏は、初対面だったその婦人部に、
「だから信心がない」
「だから福運がない」
と言った。
婦人部はA氏に謝罪を求めたが、A氏は幹部を5人集めて、婦人部を1人呼び出し、
「小学生のキャッチャーに豪速球を投げた」
と言って、婦人部を小学生のキャッチャーに例えた。
さらにA氏は、
「傷ついたのは、あなたの信仰の浅さが原因」
と言った。

〔相談の結果〕
婦人部には、当時婚約していた男子部がいて、その男子部と私(滝川さん)が繋がりがあり、話を聞いていた。
婦人部、婚約者の男子部、私(滝川さん)の3人で、A氏に対話を求めたところ、A氏は学会職員が多い組織に泣きついた。

〔非通知電話で役職解任〕
婦人部、婚約者の男子部、私(滝川さん)、の3人に、組織から非通知電話が来て、役職解任を告げられた。
こちらの話を組織は聞かないままだった。

〔分区長の除名申請〕
A氏の同僚である分区長は、3名の除名申請をした。

〔職員規律委員会や上司へ〕
職員規律委員会や上司へ電話したが、誰1人受け付けず、着信拒否された。
幹部に電話するたびに、足が震えた。
朝も夜も祈った。
この問題から逃げたら、本部職員じゃないと思った。

〔ご子息2人の反応〕
池田先生の2人のご子息にも電話したが、最後は着信拒否だった。

〔職員懲罰委員会へ〕
A氏の問題を報告し、電話や手紙で知らせた行為が、
「法人業務の遂行を著しく妨害する」
として、職員懲罰委員会にかけられた。

〔除名は最高幹部のため〕
会員のためではなく、最高幹部のために除名される。
組織の決定に従わないと、次々排除される。

http://6027.teacup.com/situation/bbs/55366
〔学会本部〕
新聞に池田先生の写真が掲載されている。
自分のやりたいようにやる本部。
執行部の辞任を断固求める。

〔サイレント・アピール〕
7/3のサイレント・アピールは、本部に対し民衆が決起。
師の為の行動で歓喜した同志達だった。
この行動を更なるうねりにしたい。
9/18にまたサイレント・アピールを行いたい。

〔春嵐より〕
新人間革命の春嵐の章に、
『民衆ほど、偉大な力はない。民衆ほど、確固たる土台はない。民衆の叫びほど、恐ろしきものはない。民衆の前には、いかなる権力者も、富豪も、名声も、煙のようなものである。』
と書かれている。

〔最後に〕
真実の声が、必ず創価を変革する。
公明党よ、原点に戻れ。
本部よ、師匠に還れ。


(以上、滝川清志さんのお話終わり。)


http://taicyan42e.exblog.jp/23460094/
~1~へ

[PR]

by taicyan0402e | 2016-09-01 21:44 | 自主性活動 | Comments(0)
<< 首相「モーレツ社員否定の日本に... 8/20横浜の集会の内容(体験... >>