フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
最新のコメント
情報があまりにも少ないの..
by eco◆Smw69 at 17:11
近年の集中的な自然災害 ..
by taicyan0402e at 08:49
「捉え方」によってだけれ..
by eco◆Smw69 at 22:46
あ!そうだった 太ちゃん..
by eco◆Smw69 at 10:23
一口に中国で片付けると言..
by eco◆Smw69 at 11:00
あべひは寿命が来るまであ..
by taicyan0402e at 18:01
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク

功徳が顕れやすくするコツ(追伸版)

http://taicyan42e.exblog.jp/20220618/
【功徳が顕れやすくするコツ】 2014-01-12 07:36

この記事をあげてからしばらく経って、当時からはだいぶ理解が深まったので追伸版の記事です。
というか、この記事のアクセスがずっと多いようなので、もっと功徳に繋がりやすく『追伸版』です。


――――――――――――――――
●追記:2017年11月15日●
当記事を御文を織り交ぜ
言い換えた記事が下記URL
先に読んでからのほうがわかりやすいでしょうか

http://taicyan42e.exblog.jp/25328091/
【池田先生の話と御文、信心の基本】
――――――――――――――――

今回の記事は、今すぐ功徳の必要な人に向けてです。
そのため、ストレートにいきます。

信仰とは、『感謝(の一念の効果)』を信じた行動です。
それというのも、仏の境涯は『感謝』だからなんです。

また、自分をとりまく環境面からいえば、周囲との相互感謝の関係構築の行動です。

これが基本です。
今すぐ必要な人はとりあえずこの範囲で功徳が顕れやすくなります。

勤行・唱題では、感謝の一念の効果を信じる修行です。
空想の範囲ではなく、具体化するために『祈り』が必要です。
『祈り』とは、祈ってる内容を『感謝の一念の効果』によって解決していくのを、自分自身に対して誓うことです。

そして、自分をとりまく周囲の人に、勤行・唱題の時の心境のまま、そのまま面すればいいんです。
勤行・唱題の自行の時の心境のまま、そのまま相手に面して話すことは、相手の仏界へ語りかけてるようなものなんです。
だから自分を取り巻く周囲の相手も感応・共鳴され、まるで自分の諸天のような働きへ変化してしまうんです。


以上が河合さんの講義であえて述べられてない『一念』の部分です。
どういう一念が幸福に繋がるのか、それを体験から学ぶ必要性から、あえて述べてないものと思われますが。
昨今の組織事情で、そんな時間的余裕のない急場、という状況に置かれてる学会員さんも多いため、単刀直入に功徳のキーとなる一念まで添えてから、河合さんの講義を紹介します。

河合さんの講義では、しきりに『一念』と出ますが、日常を「感謝」をテーマに変革していくところに顕益や冥益が功徳として顕れる、ということなんです。

これで以下の講義を読み解けば、ほとんどの悩みは解決していけるでしょう。
それだけではなく、解決していけたことにより「自信」に繋がることで自立した信仰にしていけます。
信じる一念が感覚的にしっかり身についたことによる功徳です。

幸せをしっかり掴めるよう祈っておりますね。

http://www.geocities.jp/bosatu2015/kawai1a.htm
地涌の菩薩HP・信心に行き詰まりを感じてる方へ
河合師範の指導  平成10年6月2日寝屋川文化会館


[PR]

by taicyan0402e | 2016-03-06 20:54 | 教義的 | Comments(2)
Commented at 2016-04-26 19:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by taicyan0402e at 2016-05-05 02:57
>2016-04-26 19:52さんへ

文面を読んだ印象だけど、別に変な人には思えないし、非公開コメントにすることもないんじゃないかと。

このまま普通に会話しませんか?(^^)
<< 顕正会.infoさんへ 宗門についての個人的見解 >>