フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
最新のコメント
情報があまりにも少ないの..
by eco◆Smw69 at 17:11
近年の集中的な自然災害 ..
by taicyan0402e at 08:49
「捉え方」によってだけれ..
by eco◆Smw69 at 22:46
あ!そうだった 太ちゃん..
by eco◆Smw69 at 10:23
一口に中国で片付けると言..
by eco◆Smw69 at 11:00
あべひは寿命が来るまであ..
by taicyan0402e at 18:01
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク

地球から14光年、最短距離の「生命の存在可能な」惑星発見

直接で宗教に関係してないことだけど、僕には「ビッグニュース」に感じられて、それで記録目的に記事です。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-35075186-cnn-int
地球から14光年、最短距離の「生命の存在可能な」惑星発見 (CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース

●●●●●
(CNN) 地球からわずか14光年という「至近距離」に、地球型の惑星が発見された。生命が存在する可能性のある惑星としては、これまで見つかった中で地球から最も近い。

この惑星は地球から14光年の距離にある赤色矮星(わいせい)「ウルフ1061」を周回する3つの惑星の1つ。オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究チームが南米チリにある欧州南天天文台の大型望遠鏡を使って発見した。

惑星は3つとも固い岩盤が存在している可能性がある。中でも「ウルフ1061c」という惑星は、恒星との距離が極端な暑さや寒さにさらされない圏内にあって、液体の水が存在し得る「ハビタブル(居住可能な)」惑星に分類できることが分かった。
●●●●●

さて。
『14光年』とはどんな距離だろう?f^^;

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%B9%B4
光年 - Wikipedia

●●●●●
光年の換算

  • 1 光年
  • = 9 460 730 472 580 800 m
  • = 9 460 730 472 580.800 km
  • = 約 63 241.077 084 au(天文単位
  • = 約 0.306 601 pc(パーセク
    ●●●●●

    え~と、1光年は9兆キロメートル以上なんですねぇf^^;
    この14倍だと ・・・

    って、携帯の計算機能では桁が足りなくて計算できないやん (TT)

    しょうがない、記事に直接書いて計算するかf^^;
    こんな桁の計算なんてやったことない(笑)


    9460730472580800m
    14×

    37842821890323200
    9460730472580800

    132450126616131200m


    ということで

    132450126616131.200kmなんですね。
    13兆キロメートル以上なんて感覚的にピンとこないけど(笑)
    そもそもうろ覚えの計算が合ってるだろうか疑問だけどf^^;

  • [PR]

    by taicyan0402e | 2015-12-19 00:30 | ブログ | Comments(0)
    << 今年もありがとうございました 教条主義と盲信の類は今後は遠慮します >>