フーテン学会員の独り言@歓喜の中の大歓喜編

<徐々に最優良ブログの紹介をしていきます>
21世紀の日蓮仏法
kaede-midoriのブログ
英語で創価
創価学会男子部・ゴチえもん BLOG
広布の大河に君ありて
内得信仰の日々のブログです(歓喜の中の大歓喜編2018.10.21~)
by 太ちゃん
メモ帳
検索
最新の記事
最新のコメント
情報があまりにも少ないの..
by eco◆Smw69 at 17:11
近年の集中的な自然災害 ..
by taicyan0402e at 08:49
「捉え方」によってだけれ..
by eco◆Smw69 at 22:46
あ!そうだった 太ちゃん..
by eco◆Smw69 at 10:23
一口に中国で片付けると言..
by eco◆Smw69 at 11:00
あべひは寿命が来るまであ..
by taicyan0402e at 18:01
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
外部リンク

『立正安国論』とはどういうものか現代語で

※途中までですが立正安国論がどういうものかわかると思います


立正安国論

僧侶日蓮の勘(かんが)え


旅人が来て嘆いて言います。

近年の正嘉元年(1257)のころから今年文応元年(1260)にいたる4年の間に、大地震や大風などの天変地異が続き、飢饉が起こり、疫病が流行して、災難が天下に満ち、広く地上にはびこっています。

そのために牛や馬はいたるところで死んでおり、骸骨は路上に多数あります。

すでに大半の人びとが死に絶えて、この悲惨な状態を悲しまない者は一人もいません。

そこでこのような状況から逃れようとして、ある者は

「苦悩と罪業を滅ぼす利剣は弥陀の名号(みようごう)を称(とな)えることである」

という中国浄土教の善導(ぜんどう)和尚の般舟讃(はんじゆさん)の文を信じて、一切の行を捨ててただひたすら西方浄土の教主阿弥陀仏の名ばかりを称え、

ある者は

「わが名号を一たび聞けばもろもろの病(やまい)はすべて除かれ身も心も安楽となる」

という東方薬師如来の誓願を信じて、その経文ばかりを読誦しております。

またある者は法華経薬王品の

「この経はこの世界の人の病の良薬であるから、病める人がこの経を聞けば、病は消滅し、不老不死となろう」

という言葉を仰いで、法華経を真実の妙文と崇め、

ある者は

「般若経を講讃すれば七難は消えて七福が生ずるであろう」

という仁王(にんのう)般若経の句を信じて、百人の僧がこの経を講ずるという仁王会(にんのうえ)の儀式を営んでいます。

またある者は秘密真言の教えによって五つの瓶(かめ)に水を注(そそ)いで災難を除く祈祷を行ない、ある者は坐禅をして精神の集中をはかり、すべてを空(くう)と観じて苦悩から逃れようとしています。

またある者は七鬼神の名を書いて門(かど)ごとに貼ったり、ある者は五大力菩薩の形を描いて家ごとにかけたり、ある者は天地の神々を拝んで四角四堺の祭という災難を除く祈りを四方の神に捧げたり、また為政者は民衆の窮状を哀れんで、いろいろな徳政を行なっています。

しかしながら、いたずらに心を砕くだけで何の効果もなく、飢饉(ききん)や疫病(えきびよう)はますます激しくなるばかりです。

目につくものは家を失いさまよい歩く者と死者ばかりであり、その死骸は積みあげられて物見台のようであり、また水に並べられて橋のようです。

思いめぐらしてみると、天には日月が昼夜を照らし、木星・火星・金星・水星・土星の五つの惑星は玉を連ねたように規則正しく運行し、地上では仏法僧の三宝がいまだ滅びることなく世に尊ばれ、八幡大菩薩の百代の天皇を守護するという誓いの通りに帝王はその座にあって変わることはありません。

しかし、このうち続く天変地異によって、どうしてこの世はこんなに早く衰え、仏法も王法もその威力を失い、すたれてしまったのでしょうか。

これはいったいどのような理由によって生じたのでしょうか。またどのような誤りが原因となっているのでしょうか。


主人が答えていいます。

自分もこのことを心配して、その災難の原因について深く胸中に思い悩んでいましたが、ひとり心を痛めるだけで誰にも話す機会がありませんでした。

さいわい貴方が客としてお見えになり、同じように嘆かれるので、しばらくこの問題について自分の考えているところをお話し申しあげ、お互いによく語り合おうではありませんか。

そもそも、世俗の恩愛を断って出家し、仏道に入るのは、仏の教えによって悟りをひらいて仏になりたいからです。

しかし、いま現実の世の中をみますと、神への祈りもかなわず、仏の威力も現われず、災難はいよいよ増すばかりで、何の効験もないのを見ては、未来の成仏という大事はとてもおぼつかないのではないかと疑われてしかたがないのです。

そこで私はただ天を仰いでは出家の目的が失われたことを恨みに思い、地に伏しては深い憂いと絶望に沈んでいるのです。

私はとても視野の狭い見方しかできませんが、少し経文をひもといて研究してみますと、この災難の原因は、世の中のすべての人びとが正しい教えに背いて悪法邪法に帰依したため、国を護る諸天善神はこの国を捨てて天上に去り、正法を広める聖人も去って帰ってこないから、その隙に乗じて悪魔や悪鬼が押しよせてきて、次々に災難が起こるのであるということがわかりました。

まことにこのことは重大なことであり、言わないではいられないことです。

恐れなければならないことです。


客が尋ねていいます。

近年のうち続く天下の災害や国じゅうの災難については、ただ自分一人だけが嘆いているのではなく、多くの人びとが嘆き悲しんでいます。

いま貴僧を尋ね、尊いお言葉を承ったところ、善神や聖人がこの国を捨てて去ったために、災難が連続して起こるということですが、それはいったい、どのお経に説かれているのでしょうか、その証拠を聞きたいと思います。


主人は答えていう。

それを証明する経文は非常に多く、その証拠は広く一切経にあります。

金光明最勝王経四天王護国品第十二に、

あるとき持国(じこく)・増長(ぞうちよう)・広目(こうもく)・毘沙門(びしやもん)の四天王が仏に申しあげていうのに、

「ある国王があって、その国にはこの経が伝わっているけれども、少しも広まっていない。

その国王も人民も、この経を捨てて顧みようともせず、聴こうともしない。

ましてこれに供養したり、尊重したり、讃歎しようともしない。

この経を伝え広めようとする仏の弟子たちを見ても、尊んだり供養しようともしない。

そこでわれら四天王や、われらの従者や多くの天の神々は、この尊くありがたい妙法の教えを聞くことができないので、われらの身を養う正法の甘露の法味を受けることができず、正法の流れに浴することもできなくなり、そのためわれらの権威や勢力もなくなってしまう。

そうすると、この国には地獄(瞋(いか)り)、餓鬼(貪(むさぼ)り)、畜生(痴(おろ)か)、修羅(しゆら)(闘い)の四悪趣の悪い精神ばかりが増して、人間界や天上界の善心は減り衰え、すべての人びとはみな生死の河、すなわち無明と苦悩の世界に落ちて、涅槃の路、すなわち悟りへの路に背くことになる。

世尊よ、われら四天王やその従者や夜叉(やしゃ)などは、このような国王や人民の不信のありさまを見ては、その国を捨て去って、これを守護しようとする心を起こさなくなる。

ただわれらだけがこの不信の国王を見捨てるだけではなく、その国を守護する多くの諸天善神がいたとしても、みなすべてその国を捨て去ってしまうであろう。

すでにわれら護国の諸天や善神が、みなその国を捨て去ってしまえば、その国にはいろいろの災難が起こり、国王はその位を失うであろう。

そして、すべての人たちは道徳心や宗教心などの善心を失い、ただ縛ったり、殺しあったり、諍(あらそ)ったり、おたがいにそしったり、上にへつらい、事実をまげて罪のない者を罪に陥れるようなことをする。

疫病は流行し、彗星がしばしば出て、太陽が一時に二つ現われたり、日屋や月屋も一定せず、黒白二つの虹が出て不吉の相を表わし、星が流れたり、地震が起きて井戸の中から異様な声が聞こえたり、季節はずれの暴風雨が襲い、五穀は実らず、常に飢饉が続く。

さらに外国から多くの賊が攻めてきて国内を侵略し、人民は多くの苦しみを受けて、国じゅうどこにも安心して楽しく住む所はなくなるであろう」と。〈以上、経文〉 


大集経法滅尽品には次のように説かれている。

「仏法が滅びようとする時は、僧はみな鬚(ひげ)や頭髪や爪を伸ばして、僧としての行儀を失い、戒律も乱れてしまうだろう。

その時、虚空(おおぞら)に大きな声が鳴りひびいて、大地を震わせ、あらゆるものは水車のように回り動くだろう。

城壁は崩れ落ち、人家はことごとく壊れ、樹木の根も枝も葉も花びらも果実も、それらのもっている薬味も尽きはててしまうだろう。

ただ、ふたたび迷いの世界に戻ることのない悟りを得た聖者の住むという浄居天(じょうごてん)を除いては、この世界のあらゆる人びとを養う七味や三精気(さんしょうけ)は残らず消え失(う)せてしまうだろう。

また迷いを断ち、悟りを得るための正しい教えを述べた多くの書物もすべて消滅するだろう。

また、大地に生ずる植物の花や果実も少なくなり、その味もまずくなるだろう。

すべての井戸も泉も池も涸(か)れはてて、土地は塩気を含んだ不毛の地となり、ひび割れて丘や澗(たに)となるだろう。

すべての山はみな燃えあがり、天の竜は一滴の雨も降らさないだろう。

穀物の苗はみな枯れ、その他の作物もすべて枯れはてて、雑草すら生えないだろう。

土が降って昼でも暗く、太陽も月もその明るさを失ってしまうだろう。

どこもかしこもひでりに悩まされるなど、しばしばいろいろの凶兆が現われるだろう。

人びとの間には十種の悪業、ことに貪欲・瞋恚(しんに)・愚痴の三毒がますます倍増して、人びとは父母に対してさえ、臆病な鹿が人に追われて自分だけ助かろうとして仲間をかまわなくなるように、不孝の罪をおかすようになる。

人びとの数も、寿命も、体力も、勢威も、快楽も減って、人間や天上の楽しみが遠ざかって、みなことごとく地獄・餓鬼・畜生の三悪道に堕ちるだろう。

このような悪王と悪僧とが、わが正法を毀(そし)り壊(やぶ)って、人間や天上の道を傷つけるでだろう。

そうなれば衆生を愍(あわ)れみ救おうとする諸天善神も、この濁り乱れた悪国を捨てて、みなことごとく他の国へ去ってしまうだろう」と。〈以上、経文〉


仁王経の護国品には次のように説かれている。

「国土が乱れる時は、(すべての善神が去り)鬼神が力を得て暴れる。鬼神が暴れために万民が乱れる。

外国から賊が攻め寄せて国をおびやかし、そのために命を失う者が多く、君主、太子、王子、百官の間に争いが起こる。

天地の間に怪(あや)しい現象が現われ、二十八の星座の位置や、星や月や日の運行に狂いが生じ、多くの諍いが各地で起こるであろう」と。

また仁王経の受持品には次のように説かれている。

「われ今、仏の眼をもって三世を見ると、すべての国王は、みな過去の世に五百の仏に仕えた功徳によって、帝王国主となることができたのである。

さらにこの功徳によって、すべての聖人たちがその王の国土に生まれてきて、その国のために大いなる利益を与えてくれるだろう。

しかし、王の積んだ福徳が尽きる時には、すべての聖者は皆ことごとく国を捨て去るだろう。

もしすべての聖者が去ってしまうならば、その時その国には必ず七つの難が起こるだろう」と。〈以上、経文〉

[PR]

# by taicyan0402e | 2018-10-27 19:07 | 御書・御文 | Comments(3)

歓喜の中の大歓喜編へ移行しました

ツイッターではすでに移行しておりますが、短文でないものはブログでやることになるため、ブログ側も移行することにしました。

ところで、検索してみたらいいものをたまたま見つけたので紹介させて頂きます。
https://kkachi.jimdo.com/%E8%BE%BB%E5%85%88%E7%94%9F-02%E6%AD%93%E5%96%9C/
【辻武寿先生_02歓喜 - kkachi ページ!】

▼▼▼
この中にもともと南無妙法蓮華経の命があるんだって気づいたら嬉しくって嬉しくってたまらない。

それを歓喜。歓喜の中の大歓喜。788ページ。

我心(わがこころ)本来の仏なりと知るを即ち大歓喜と名(なづ)く

所謂(いわゆる)南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり。
(御義口伝巻下:788)

ここに書いてるように大聖人様もおっしゃってるんです。
もともと備わっている南無妙法蓮華経に気がつくことです。
▲▲▲

ここまではけっこういろんな学会員さんが言ってきております。
辻さんという方はほんと凄かったんだなって改めて感じた部分を紹介。

▼▼▼
実は無線のように働いてるわけです。感電ですから。感応。
御本尊様の中の南無妙法蓮華経は自分の南無妙法蓮華経ですよ。

私たちの南無妙法蓮華経は形がないんですよ。色がないから見えないんですよ。
御本尊様は日蓮大聖人様の中にあった日蓮の魂ですから。
それをみんなに見えるように形にしてあげよう。誰でも見えるようにしてあげよう。そして永遠に壊れないように。それが大御本尊ですよ。

この御本尊を拝むと大御本尊と同じ功徳がある。外の御本尊を拝んでるけど実は中に南無妙法蓮華経がわいてるんです。感応妙(かんのうみょう)っていうんです。
▲▲▲

そして、大御本尊を信受の対象にしない、とした現在でも以下のことは今でも通じるのではないでしょうか。
▼▼▼
御本尊様は日蓮大聖人様の中にあった日蓮の魂ですから。それをみんなに見えるように形にしてあげよう。誰でも見えるようにしてあげよう。そして永遠に壊れないように。それが大御本尊ですよ。

この御本尊を拝むと大御本尊と同じ功徳がある。外の御本尊を拝んでるけど実は中に南無妙法蓮華経がわいてるんです。感応妙(かんのうみょう)っていうんです。感電。

雷に感電するってことは中に電気があるんです。中の電気は見えない。怖いってのは感電するから怖いんです。中にも電気がある。百万ボルトの雷に感電したら百万ボルトの電気になっちゃう。感電死っていうんです。雷に感電したら即死だ。

御本尊に感電したら即身成仏です。
雷は感電して人を殺すんです。
御本尊は感電して人をいかすから

妙とは蘇生の義なり 蘇生と申すはよみがへる義なり(法華経題目抄:947)
▲▲▲

[PR]

# by taicyan0402e | 2018-10-21 20:06 | お知らせ | Comments(0)

SNSボタンの設定をしました

SNSボタンの設定をしました。

なお、僕のツイッターアカウントへリンクできるボタン(バナー?)を設定し、現在は表示されるようになっております。

[PR]

# by taicyan0402e | 2018-10-19 19:25 | お知らせ | Comments(0)

「小樽問答」『御本尊様は信じて大利益を受ける、これが御本尊様です』

『小樽問答』から

学会側の小平芳平という方が登場し、日蓮宗側からは室住一妙。

小平芳平
大正十年八月十三日長野県に生る、昭和二十二年中央大学法学部卒業、昭和十六年十月入信、当時、創価学会教学部長・教学部教授・大白蓮華編集長。のち公明党参議院議員。

室住一妙
新潟県出身、立正大学卒業、身延山短期大学身延山高等学校勤務。


日蓮宗司会者・松井義海
次に日蓮宗の室住先生を御紹介致します。


日蓮宗・室住一妙
一つ補足をしておきます。

衆生の心が御題目に結びつけられた時に、それが本尊というのであります。御題目は大聖人の又、仏様の御魂である。

この御魂に我々が信ずる時、そこに本当の本尊が開顕せられるのであります。
その中に自ら三大秘法が具足して来るのであります。

その、その本尊の、その本尊の全体を日女御前御書には衆生の信心の妙法に対する御題目の信心のところに真の本尊があるぞ、とこうお示しになってあります。

狐を、狐を拝むということは決して、決して、決して……身延においては、狐を拝むということはないのであります。
稲荷というものは身延においては決して拝んでおらないのであります。

……それは本尊としては、本尊としては大聖人の御心である御題目よりほかには無いのであります。

身延においてもそれは実行しておるのであります。


日蓮宗司会者・室住一妙
貴重な時間ですから、ヤジのために講演をされませんのは惜しいと思いますので皆様の自粛を更にお願いします。


学会側司会者・池田先生
えー、どうやら何もいわないで御坐りになりました。
これはダメらしいと思うのですが……。

えー、次に小平先生……


学会側・小平芳平
えー、さきほど、長谷川先生から弘安二年の御本尊は疑わしいと、ただそれだけのことで一体何がどうしたというのか、もう少し具体的にして欲しい。指摘して欲しい。

特に、特に私が具体的にお聞きしたいことは、それでは、もし弘安二年の御本尊が駄目だ、もし日蓮正宗が駄目だというのなら、どこの信仰が正しいのか。

狐や稲荷を、鬼子母神を、それを祀っているような、それが大聖人様の教えであるか。
こういうことをなんら御説明も出来ないで、ただ大石寺の御本尊は怪しい、それでは、お話にならんと思う。

えーしかしながら、そのことは、すでに私も実際に雑誌に発表してあります。

それで、かいつまんで二、三のことを申し上げておきます。

ただいま、長谷川先生は戒壇の御本尊が、弘安二年の御本尊が、初めて記録に現れたのは家中抄だと仰せられる。

しかしながら、そうではないんです。
とっくの昔から記録はあるんです。例えて申しますなれば、房州の日我というような人も「この御本尊は大変立派な御本尊だ、大変なことだ」というふうにきちっと記録を残しておる。

そういうことを知らないのです。

それから、それではもっと昔になぜ記録が無いかというんですよ、これはです、信心が無ければ御本尊はわからないのですよ。

さきほど申し上げました波木井殿の四箇の謗法、あるいは三箇の謗法と申しますが、この謗法の中にも波木井殿は何でもかでも、釈迦の仏像を立てようとしている。
そういう信心のわからない者に、信心の無い者に、御本尊様がわかるわけは無いじゃありませんか。
御本尊様は信じて大利益を受ける、これが御本尊様です。
それにもかかわらず、ただ飾り物か見世物みたいに、あの時代にあった、無かった、それは信心の無い者は今日本国中の人でもです、信心の無い者には富士大石寺の御本尊がわからない、当り前のことですよ。

五老僧どもをはじめ、波木井殿にしても、何でもかでも、釈迦を本尊としようとした。
このことを日興上人様は五人所破抄において、あるいは門徒存知において、厳しく破折されておられます。

そういう状態でありますから、いつから身延ではお曼荼羅を拝むということになったんだろうか。それをお聞きしたい。

あるいは、お曼荼羅が要らないなら、要らないということをお聞きしたい。以上


[PR]

# by taicyan0402e | 2018-10-05 08:40 | 教義的 | Comments(0)